FXのリスク

ここでは、FXのリスクについて考えてゆきます。

商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされることになります。その場合、またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れを請求される場合もある。追加証拠金を出さなければ、強制的に反転売買がなされ、損失が確定します。レバレッジが大きい場合、上手くいった場合の儲けも大きいですが、裏目に出たときの損害は甚大なものになります。特に、追加証拠金を支払っても更に評価損が生じた場合には、追加証拠金が必要になり、相当な資金力が無ければ反転売買を余儀なくされる可能性を常にはらんでいます。
取引業者はどこでも安全といえる状況にはありません。客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託するといった保全管理をしていない業者も存在し、そのような場合、業者が破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できなくなります。

FX(外国為替証拠金取引) FX取引の具体例

FXのリスク関連の注目ブログ

FXのリスクに関する注目サイト・ブログサイト


inserted by FC2 system